2010年 小川町に移住、夫敬祐、横田農場にて研修開始IMG_1456

2012年 独立 3反の畑を始める

2014年 妻香弥も専業農家に

2015年 7月第一子長男誕生

2016年 畑1.7町歩、田3反、果樹5畝(8月時点)を耕作

2017年 11月第二子次男誕生

2019年 香弥の両親が小川町に移住し、3世代6人家族に。

 

代表 赤堀敬祐 1984年9月22日生まれ 出身:東京都武蔵野市

夢は「何の心配もせずこたつでみかんを食べること」。独立後、植物ホルモンの活性化を利用した栽培方法や水脈づくりによる土壌改良を学び、植物にとって快適な環境とは何かを考えることに夢中。都内で仕事をしていた頃は三食ラーメン生活。食べ物を自給するようになってからは、暴飲暴食をすると肌にかさぶたができるように…。「良くも悪くも体質が変わった証拠」と自他ともに認める。趣味は落語。こう見えてかなりポジティブシンキングな性格。

赤堀香弥 1984年9月21日生まれ 出身:埼玉県新座市

大学時代は「お土産の切り込み隊長」と後輩に言われるほど、食べることが大好き。10代後半から潰瘍に悩まされ、小川町移住後に東条百合子氏、久司道夫氏、奥津典子氏などの影響を受ける。第1子妊娠後雑穀料理「つぶつぶ」に出会い、食べものや身体にまつわる法則を学ぶ。2015年に長男、2017年に次男が誕生し、子育てに奮闘中。現在は農作業と並行して隣町の保育園にて小川町の有機野菜を使った給食の献立作成業務、調理を請け負う。だいこんや農園の冬の恒例イベントである味噌づくりでは作るだけに留まらず、味噌の効能や自然塩に関するプチ講座も開催中。