これでバッチリ!
 ~旬の野菜は上手に保存して長く持たせよう~

①葉物野菜小松菜、水菜、ホウレンソウ、モロヘイヤなど):冷蔵保存

葉物野菜は、とても繊細。大抵の葉物野菜が入っている袋は「品質保持袋」といって、葉物がすぐにしおれないような特殊な加工のされている袋に入っています。この袋に入れたまま、冷蔵保存してください。袋に入っていなければ新聞紙などに包むと良いです。畑に植わっていたように、葉物を上に向けておくとより効果的!

img_7748

 

冷蔵庫の野菜室が空いていなければ、ドア部分に立てかけて入れると便利!

 

 

 

 

 

 

②果菜(ナス、ピーマン、甘長トウガラシ、オクラなど)常温

果菜は夏の野菜です。夏の野菜はもともと暑い気候のもとで育つ野菜。暑さに強いのです。         常温保存が適していますが、カットした使いかけなどは、冷蔵保存したほうがよいかもしれません。              ただし!トマトだけは時間とともに熟してしまうので、冷蔵保存をおススメします。カボチャは、カットしていなければ常温で、カットしたものは冷蔵保存してください。

 

③根菜(大根、人参、じゃがいも、ゴボウ、玉ねぎ、ヤーコン、菊芋、さつまいもなど):常温

根菜(※ジャガイモは初夏が旬)は秋冬が旬の野菜です。寒さに強いです。常温で問題ありません。   新聞紙にくるみ、室内の直射日光の当たらない涼しい場所に置いてください。品質保持袋に入ってるものは袋に入れたままで良いでしょう。 

③薬味系(生姜、ニンニク、大葉、ねぎ)それぞれ!

未開封のものは下記をおススメします。

生姜:販売していた場所の温度に合わせたほうがよいです。常温で送られてきていれば常温でも構いません。スーパーなどで冷蔵庫に置かれていた生姜なら、冷蔵庫に入れたほうが良いでしょう。           濡らした新聞紙に包んで冷蔵保存すると湿度が保たれますが、カビが映えやすいのですぐに食べきらないのであれば、品質保持袋に入れるか新聞紙に包んで保存が良いでしょう。

ニンニク・ネギ:新聞紙に包んで常温保存!

大葉:使い方による!

2、3日で使い切ってしまう場合は、品質保持袋にいれたまま冷蔵保存がよいです。             1週間程持たせたい場合は茎部分1㎝程度水に浸水させて、花を花瓶に飾るように立てて常温で保存が良いです。長期保存したい場合は、醤油や塩にしっかり漬け込むと冬まで楽しめます。