おひさまのちから

空気がないと人は死んでしまう。

とは小学生でも言えますが、

太陽がないと私達は生きられないのだ
ということをちゃんと自覚しているかと言われると??でした。

今年は沢山収穫のあった一年ですが、中でも、大きかったのは、

「こんにちは」と「さようなら」の言葉の意味を知ったことでした。

(馬場洋さんの古事記の会で教えてもらいました)

洋さんに頂いた「日本のこころの教育」坂野勝悟著 の本が、とてもすばらしく、

私達日本人の心の中にはいつも太陽があることを、知った
…と言うよりも、思い出した。

そんな感覚です。

%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d

ふと気づくと、年末の今も、お日様にお世話になりっぱなしの我が家。

%e6%b2%a2%e5%ba%b5%ef%bc%92

人参も、大根も、果物の皮さえも、お日様のちからを借りて、

天日干し。

沢庵ができました。

%e6%b2%a2%e5%ba%b5 

切干人参もできました。

%e5%a4%a9%e6%97%a5%e5%b9%b2%e3%81%97

干しイモもできました。

お日様がないと、何にも完成しないのです。

年明けくらい、お日様にありがとうをちゃんとしようと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です