野菜を食べきる3つのポイント

1月の野菜セットはこんな感じです♪

根菜も葉物もいよいよ深い甘みが出てきました。

1gatu

《中身》

ねぎ、白菜、人参、聖護院大根、菊芋、ヤーコン(かさつまいも)、黒大根、ターサイ、赤かぶ

一見難しそうに見える野菜もありますが、野菜セットを使って、上手に1週間の献立をやりくりすると、

楽に、美味しく、栄養たっぷりなご飯をご家族の皆さんに食べてもらえます!

ポイントは3つ!!

①早く食べてしまう野菜メニュー

②常備菜メニュー

③残り野菜のお片付けメニュー

の3つの定番をもっておくと、野菜料理が苦手な方も、簡単に野菜セットを使い切ることができます♪

 

今日お届けする野菜セットで試してみましょう。

ポイント①”早く食べてしまった方がいい葉物メニュー”

葉物は新鮮なうちに食べてほしいので、

■主菜としてターサイと板麩(油揚げや豚肉でもOK)の炒めもの

 

ポイント②常備菜を週末など時間のある時に、”たっぷり”作っておく

とくに、珍しい野菜を常備菜で使っておけば、レシピを沢山考える手間も省けます。

■赤かぶ⇒お好みの漬物に。余った葉っぱは、チャーハンや焼きそばに入れちゃう。

■人参とヤーコン⇒醤油と酒だけできんぴらに。おつまみやお弁当、忙しい朝ごはんに。3,4日持ちます。

 

ヤーコンと人参の醤油だけきんぴら

※その他日々の使いこなしメニュー↓

”休みの日はちょっとリッチに”

黒大根、菊芋、ヤーコン、人参⇒スープまたはシチューで。美味しいパンと合わせてどうぞ。

菊芋、ヤーコン、人参でつくるコーンスープ風!?

”週が明けたら効率良くちゃちゃちゃっと”

聖護院大根⇒さいころ大根ステーキ、シイタケと入り煮に、ぶり大根に。

ネギ⇒毎日少しずつ味噌汁に。

菊芋⇒素揚げでおやつに、おつまみ、天ぷらに、その他副菜に。

白菜⇒風邪のはやる時期なので、葛粉を使ってとろとろあんかけに。どんぶりにしてしまえば夕飯も楽ちん!

ポイント③残り野菜のお片付けメニュー

■鍋

 ⇒残り物野菜で鍋にしちゃえ~!ってことで、白菜、人参、大根、ねぎなどなど。

■シチュー、ポタージュ、スープ

 ⇒黒大根、菊芋、ヤーコン、人参などをつかって。美味しいパンと合わせてどうぞ

dsc05634

■かきあげ

 ⇒覚えちゃえば簡単。しっかり摂りたい良質な油と一緒に野菜も召し上がれます。

 

てな感じで使うと、1週間あっさり使い切ってしまいます。

今年は試しに、1週間の献立を旬の野菜から考えてみてはいかがでしょうか。

お子さんの身体も丈夫に、お料理も楽しくなりますよ~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です